日経による英有力経済紙買収に思う

戸塚章介さんのブログ「明日へのうた」より転載http://blogs.yahoo.co.jp/shosuke765労働運動は社会の米・野菜・肉だ。2015年7月26日日経による英有力経済紙買収に思う■戸塚章介(元東京都労働委員会労働者委員) 頭の体操。次の数字は何?単位はすべて円。最近話題になったもの。①2520億、②約3700億、③1562億、④約1600億、⑤40兆、⑥1015兆。①は白紙になった新国立競技場の建設費。②はアメリカが18年までに日本に売り付けようとしている..
Source: マスコミ9条の会ブログ

「安全保障関連法案」に反対する静岡大学有志の会「『安全保障関連法案』の強行採決に抗議し、廃案を求める声明」の紹介

静岡大学の笹沼弘志先生から、「安全保障関連法案」に反対する静岡大学有志の会の「安全保障関連法案」の強行採決に抗議し、廃案を求める声明をご紹介いただきました。笹沼先生は、全国出前講師団としても活動されています。以下ご紹介いたします。

「安全保障関連法案」の強行採決に抗議し、廃案を求める声明

「安全保障関連法案」に反対する静岡大学有志の会

1、「安全保障関連法案」の強行採決に抗議し、廃案を求めます。

 7月15日に開かれた衆議院特別委員会、翌16日に開かれた衆議院本会議において、安全保障関連法案が、廃案や審議継続を求める声をおしきって強行採決されました。私たちは、この法案の強行採決に抗議し、廃案を求めます。

2、「安全保障関連法案」は憲法違反、強行採決は立憲主義の破壊につながるものです。

 この法案は、他国への攻撃を日本への攻撃と見なし、日本が戦争に参加する集団的自衛権の行使を容認するもので、憲法9条に違反します。法案について衆議院憲法調査会に出席した3人の憲法学者がそろって「違憲」とし、歴代の内閣法制局長官やほとんどの憲法研究者だけでなく、最高裁判所の元判事までが「違憲」と指摘しています。

 さらに、この法案については、多くの地方議会から慎重な審議や反対を求める表明がなされ、世論調査では今国会での成立は不必要とする声が8割を超えました。強行採決は、主権者である国民の声を無視し、民主主義に反するものです。また、憲法で国家をつくり国家権力の濫用を防ぐという立憲主義を破壊するものです。私たちは、民主主義と立憲主義の破壊を放置できません。

3、この立法で国民の命や安全の危険性は高まります。

 安倍首相は、法案の閣議決定後の会見で、この法案を「国民の命と安全を守る」ためのものであると言い、アメリカの戦争に巻き込まれることは「絶対にあり得ない」と言い切りました。しかし、何ら根拠を示すことのないこのような強弁を、私たちは信頼することはできません。この法案は、自衛隊がアメリカを含めた他国の軍に対して弾薬を提供したり、他国軍の武器や兵士を輸送したりすることを可能とするものです。国内で「後方支援」と呼んでみても、自衛隊の活動は軍の武力行使と一体と見なされます。相手国・軍からみれば、当然、自衛隊は攻撃の対象となり、日本国民がテロの対象となる危険性は高まることでしょう。

4、静大名誉教授・鈴木安蔵による「憲法草案要綱」と日本国憲法、そして私たちの決意。

 およそ70年前、日本国憲法の制定を前に、のちに静岡大学で教鞭をとることになる鈴木安蔵は、民間の立場から「憲法草案要綱」を起草・公表しました。この要綱は、日本国憲法における基本的人権の尊重、主権在民(国民主権)、前文にかかげられた平和への決意や誓いに継承される内容をもつものでした。これを一つの土台として制定された日本国憲法は、その前文において「日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」と記しました。

 私たち有志は、静岡大学で学び、働き、教育・研究をする者として、こうした日本国憲法に込められた願いや努力から真摯に学ぶとともに、安全保障関連法案とその強行採決が、日本国憲法の規範や原理とあいいれないものであることを踏まえ、断固として反対するものです。

5、あきらめず廃案を求めていきます。

 安全保障関連法案は、参議院で否決されれば、いわゆる「60日ルール」の適用によって衆議院でふたたび採決にかけられます。そこでは3分の2以上の賛成による議決が求められ、議決へのハードルは高くなります。それだけに法案に反対する国民世論が高まれば選挙への影響を考え、法案への賛成を踏みとどまる議員がでてくることも考えられます。あきらめることはありません。私たちは、それぞれができる行動や意見表明を通して、安全保障関連法案の廃案を強く求めていきます。

2015年7月24日

〔呼びかけ人〕

 石井潔(理事・副学長)、石原剛志(教育学部教員)、伊東暁人(人文社会科学部教員)、岡田安功(情報学部教員)、笹沼弘志(教育学部教員)、佐藤博明(元学長)、寺村泰(人文社会科学部教員)、鳥畑与一(人文社会科学部教員)、根本猛(法科大学院教員)、橋本誠一(人文社会科学部教員)、林弘文(教育学部元教員)、藤井道彦(教育学部教員)、本多隆成(人文学部元教員)、松田智(工学部教員)、村上健司(工学部教員)、森本隆子(人文社会科学部教員)。

〔以上、2015年7月24日16時現在〕

「安全保障関連法案」に反対する静岡大有志の会http://shizudai9.wix.com/statement/


Source: STOP! 違憲の「安保法制」

講師団講師による勉強会のお知らせ(4)

続いて、第4弾のお知らせです。

  • 日時:2015年8月1日(土)15:00-17:00
  • 場所:登録会館 ホール2(京都市中京区)
  • 講師:奥野恒久(龍谷大学教授)
  • テーマ:緊急・安保法制学習会
  • 主催:京都私学教職員組合+京都私学教職員組合青年部・女性部
  • 行事名:京私教 “今の社会に対して安心してますか!? 教研”(京都私学教職員による閉じられた勉強会です。)


Source: STOP! 違憲の「安保法制」

講師団講師による勉強会のお知らせ(3)

全国出前講師団が結成されて約2週間が経ちましたが、講師団には今も続々と依頼が寄せられており、その多くは派遣する講師も決まっています。7月25日現在、19件の依頼があり、そのうち15件の講師が決まりました。

今回は、第3弾のお知らせです。

長野市の古里で、9条の会が新たに結成されます。お近くの方は、ぜひ足をお運び下さい。

  • 日時:2015年8月1日(土)13:30〜
  • 場所:長野市古里公民館(古里総合市民センター内) https://www.city.nagano.nagano.jp/soshiki/hurusato-ph/49975.html
  • 講師:成澤孝人(信州大学教授)
  • テーマ:新安保法制の違憲性
  • 主催:古里9条の会
  • 行事名:古里9条の会 結成総会


Source: STOP! 違憲の「安保法制」

出前講師・第1弾がNHKで報道されました

憲法研究者〈全国出前講師団〉の講師活動第1弾が7月24日に行われましたが、この勉強会がNHKで報道されました。

安保関連法案反対の出張教室始まる  NHK NEWS WEB 7月24日 20時45分 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150724/k10010164881000.html

「憲法学者が全国で市民や学生などが主催する学習会に講師として出向き、安全保障関連法案の問題点を伝える取り組みを24日から始めました。
これは、憲法を守る立場で活動する研究者のグループが「全国出前講師団」として始めたもので、24日に学習会を開いた静岡県富士市のNPO法人の事務所にはおよそ20人が集まりました。
講師を務めた静岡大学教育学部の笹沼弘志教授は、・・・安保関連法案について、「集団的自衛権の行使を容認しているが、日本が攻撃されていない以上『自衛』とは言えず、憲法に違反する。法案はまだ成立していないので、皆さんが声を上げることが大事だ」などと述べました。・・・」

今後も、手作りの勉強会から大規模な講演会まで、さまざまな講師依頼に応えていきたいと思いますので、どしどし「出前」のご注文をお願いいたします。


Source: STOP! 違憲の「安保法制」

11228 若者が山に散った②

水久保文明さんのブログ「ヘボやんの独り言」より転載http://96k.blog98.fc2.com/15年07月24日11228 若者が山に散った②■水久保文明(JCJ会員 千代田区労協事務局長 元毎日新聞労組書記) 20日、車で出かけたA君、B君、C子さんの3人は日帰り日程で、「八海山ロープウェー」を使った。B君とは私もA君と一緒に何度か山行をともにしている。22日の通夜の席でB君から概略、以下の経緯を聞いた。 ロープウェーの山頂駅から順調に歩いた。千本檜小屋の少し先に、..
Source: マスコミ9条の会ブログ

戦争法を許さない幡多の会…結成

23日夕方、四万十市中央公民館にて、幡多地方の『戦争法案に反対する』政党、市議、労組、9条の会等各団体代表(20数名)が参加しての戦争法を許さない幡多の会』が結成されました。

 

会は緊急の呼びかけにもかかわらず、幡多の各市町村から代表が駆け付ける中呼びかけ人の大西氏の基調報告がありました。(以下に掲載します)

**************************************************

(1)戦争法強行採決と全国の闘い

7月15日、衆議院特別委員会で、16日衆議院本会議で自民党公明党などは安保法制(戦争法案)を強行採決した。

安倍首相自らが『国民の理解は深まっていない』と認めながらの強行採決は、立憲主義、民主主義の破壊であり、強行採決に対する国民の怒りは大きく、世論調査でも内閣支持率は10%下がり、37,7%になったのに対して不支持率は51,6%に上がった(共同)。国会も朝から深夜まで連日包囲され、抗議行動が行われている。特に青年、学生の立ち上がりが注目され、全国に広がっている。

高知県でも7月19日に2回目の全県集会が行われ、650人が参加した。高知市、南国市、香南市野市、夜須など、これまで集会やデモをやったことが無いところでも取り組まれている。

安倍内閣は『60日ルール』による衆議院再議決(9月14日から可能)で、会期末(9月27日)までに成立させることができると踏んでいたが、内閣支持率の激減は衝撃を与えている。法律は安保条約のときのように『自然成立』はなく、成立させるためには、①参議院強行採決するか、②衆議院で再度強行採決するしかない。

会期末までに安倍内閣にとって『四つの爆弾』(①川内原発再稼働、②戦後70年談話、③辺野古埋め立て取り消し、④戦争法強行採決)が炸裂する。一つひとつが国民の大きな怒りと運動が高まる。運動を繰り広げて戦争法廃案、安倍内閣打倒を実現しよう。

 

(2)幡多での闘い

戦争法をめぐって幡多では6月地方議会が大きな焦点となった。四万十市宿毛市土佐清水市、大月町で廃案を求める意見書案が提案され論戦となった。そのうち、大月町では賛成多数で可決されたが、四万十市宿毛市土佐清水市では僅差で否決された。宣伝活動では、政党、団体によって取り組まれてきたが、十分とはいえない。

幡多でも全国、全県の行動に呼応して、戦争法廃案、安倍内閣打倒の一点で共同した取り組みを立ち上げ、集会、でも、宣伝、啓蒙活動、9月地方議会での廃案意見書採択運動などに取り組み、戦争法案廃案、安倍内閣打倒を実現しよう。

 

(3)共同行動を行う団体の取り決め

戦争法案廃案、安倍内閣打倒の一点で共同行動を主催する団体を立ち上げる。

名称を戦争法を許さない幡多の会』とする。

②全体会の決定に基づいて日常的に活動を進める運営委員を若干名選ぶ。

③個人入会費と事業費、寄付をもって活動資金とする。

④目的達成後、解散する。

 

(4)共同行動の計画

 

***********************************************************

提案に対し、参加者から活発な意見が出され、論議の末、次のように決まりました。

決定したこと

①(1)項と(2)項は提案通り可決。

②(3)項の名称は、提案通り可決。

      運営委員は7人が選出されました。(具体的な名前は後日掲載します。)

      活動資金は寄付金で賄う。(当日19,832円のカンパがありました。)

      解散については…9月27日以降の状況に寄り判断する。

③共同行動は当面の予定として

    ▼8月6日  とさしみず9条の会  の宣伝行動支援

    ▼8月9日   四万十市で  リレートーク&デモを行う

           時間は…16時から18時

           場所は…天神橋商店街の土豫(どよ)銀行跡地(申請中)

④その他

    ▼8月2日  18時から第2回運営委員会

*************************************************************

報告は以上です。

 

幡多地域でも、遅ればせながら『大きな共同』が実現しました。なかむら九条の会は、誠実に他団体と協力しながら、粘り強く大きな戦争法反対、安倍内閣打倒のうねりを,この幡多から作り出していく覚悟です。(nakamura9)

 

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 市民運動・社会運動へ ブログランキングに参加しています。良ければクリックお願いします。
にほんブログ村

Source: なかむら9条の会

レッドクロス~女たちの赤紙~


稲美町(兵庫県)の語り部さん、
藤田きみゑさんに関わる番組がTVに登場します。
激動の時代に生きた女性の家族の物語
2015年8月1日(土)8月2日(日)
よる9時から

TBS(4ch)テレビ60周年特別企画
二夜連続スペシャルドラマ、
松嶋菜々子主演
『レッドクロス~女たちの赤紙~』

予告編は下をクリックくださいませ。
YouTubeのアドレスです。
https://youtu.be/8KieVLhbTB8
.


★☆・,.・*”*・,..・*””*★☆.
 藤田さん本人のインタビュー
 BS-TBS 8月8日 23時
で放送されるかも、との情報です。


★☆・,.・*”*・,..・*””*★☆.
.
.
.
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
───────────────────────────────────
.

Source: こうべ9条の会

衆議院強行採決で、たたかいは終わらない——「九条の会」メルマガ第215号、そして鶴見俊輔さんの死去

 「九条の会」メルマガ第215号(2015年7月25日付け)が発行されました。詳細はこちらでご覧になれます。運動に活用しましょう。

 次の記事のほか、多くの重要な記事が掲載されています。

  • <九条の会事務局主催>戦争法案は廃案に! 九条守れ 九条の会交流・討論集会(再録)
      8月12日(水)午後6時〜8時30分、会場 東京しごとセンター
  • 「衆院での強行採決に抗議し、戦争法案廃案に向け草の根からのうねりを!」
      2015年7月21日 九条の会事務局
  • 九条の会の請願署名「安保関連法案は、海外で戦争をするための戦争法案であり、平和憲法を破壊します。すみやかな廃案を求めます」(再録)

 以下に、編集後記を引用して紹介します。

編集後記~衆議院強行採決で、たたかいは終わらない

 豪雨の梅雨が終わって、猛暑の夏が来ました。戦争法案廃案の夏です。駆け回っております。全国の九条の会の皆さんに心からのエールを送ります。
 メルマガの発行にもなにかと支障が生じておりますが、御容赦下さい。

 「九条の会」呼びかけ人の一人で哲学者・評論家の鶴見俊輔さんが、7月22日、肺炎のため京都市内の病院で死去されました。ご冥福をお祈りします。(関連の新聞記事はこちらなど。)

 「九条の会」事務局長・東大大学院教授の小森陽一さんは、自衛隊イラク派遣に向けた動きが活発になっていた2003年末、鶴見さんに「九条の会」の呼びかけ人になることを依頼したのです。鶴見さんは、「君のやっていることはよく知っている。憲法9条を踏みにじる動きを押し返さないといけない」と、旧知の間柄のように語りかけ、即答で引き受けたそうです。小森さんは、「鶴見さんは常にユーモアを失うことなく対話をする人でした。彼の反戦平和の思想を実現することを、私たちは託されたと思って活動を進めたい」と話しています。(この段落は、7月24日付け朝日紙夕刊の記事を参考にしました。)

 (「九条の会」メルマガ読者登録は、ここをクリックして出るページで出来ます。)

Source: 平和の浜辺:福泉・鳳地域「憲法9条の会」

7・27戦争法の廃案を要求する緊急行動

【至急拡散】参議院本会議で、27日(月)午後1時から法案の趣旨説明が始まります。総がかり行動実行委は「戦争法の廃案を要求する緊急行動」を27日、正午から13時まで、参議院議員会館前で行います。ぜひご参集下さい。ツイートボタンで拡散を!


参議院本会議で、27日(月)午後1時から法案の趣旨説明が始まります。
総がかり行動実行委員会は「戦争法の廃案を要求する緊急行動」を27日、正午から13時まで、参議院議員会館前で行います。
26日の国会包囲行動、28日の日比谷野音集会と合わせ、連続行動になりますが、ぜひご参集ください。

日時:12:00~13:00
場所:参議院議員会館前
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

最寄り駅
・永田町駅(東京メトロ有楽町線、半蔵門線、南北線)

国会周辺図

Source: 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動