カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

本のご紹介『福島への帰還を進める日本政府の4つの誤り (隠される放射線障害と健康に生きる権利)』

旬報社から2014年9月17日に以下が発刊されました。
『福島への帰還を進める日本政府の4つの誤り (隠される放射線障害と健康に生きる権利)』

著者 沢田昭二・ 松崎道幸・ 矢ヶ崎克馬・ 島薗進・ 山田耕作・ 満田夏花・ 小柴信子・ 田代真人

「安全神話」から「安心神話」へ 
大きな誤りに基づく日本政府の『汚染地帯』への「帰還政策」。
住民を放射線被ばくから守るために最新の正しい科学的知見に基づいた政策の実行を。
◆原発事故・放射線被害を考えるうえで欠かせない資料も収録◆
①原発事故子ども・被災者支援法(2012年6月27日法律第48号)
②国連・グローバー報告(日本における到達可能な最高水準の心身の健康を享受する万人の権利に関する国連特別報告者の報告書)全文訳
③大飯原発運転差止訴訟・福井地方裁判所判決(2014年5月21日)

政府の勧める福島への帰還政策には4つの誤りがあり、憲法13条,25条に明記されている人権を踏みにじっています。
第1の誤り―放射線被ばくで病気になるリスクを一ケタ近く小さく見積もっている
第2の誤り―被災地域の放射線被ばく量をきわめて小さく見積もっている
第3の誤り―小児甲状腺がんを被ばくと関係ないと断定している
第4の誤り―政府はがんだけでなくさまざまな病気が増えるおそれがあることを無視している

9条とともに13条・25条もNever Change!!!!

(参照)
13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。
25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

全国で進展する「反原発」のアクション

マガジン9「日本全国デモ情報」 に日程が載っていました。紹介します。

7月6日(金)

  • 緊急! 大飯原発3号基を停止せよ! 首相官邸前抗議
  • 北海道庁前 反原発抗議行動

7月7日(土)

  • NO NUKES! ALL ST☆R DEMO 5(代々木公園)

7月8日(日)

  • 原発ゼロ!にいがた県民大集会
  • 脱原発デモ@滋賀・琵琶湖
  • 放射能はいらねぇ!仮装!変身!
    七夕デモンストレーション inくにたち~星はなんでも知っているぜぇ!

7月14日(土)

  • 7.14さよなら原発群馬アクション

7月15日(日)

  • 右から考える脱原発集会&デモ in 大阪
  • 脱原発デモ名古屋

7月16日(月・祝)

  • さようなら原発10万人集会(代々木公園)
  • さよなら原発7・16福岡集会

7月28日(土)

  • 脱原発中野もパレード

7月29日(日)

  • 脱原発と平和を求める市民デモ16:00~17:30/雨天決行/集合:武蔵野市役所隣り市民公園(市民公園から三鷹駅までを往復します)/持ち物:プラカード、ゼッケンなどアピールグッズ、マスカラなど鳴り物。帽子、飲み物もお忘れなく/主催:脱原発と平和を武蔵野市からすすめる市民の会/連絡先:0422-36-0415(砂川)次回の日程:8月19日(日)16時~
  • 脱原発国会大包囲(日比谷公園)

毎週水曜日

  • 再稼働の黒幕は誰だ!経団連前アクション「電力が不足して生産がストップしたら責任をとれ」と滋賀知事らを脅したのは、財界だ。原発メーカー・電力・銀行らの元締めが経団連。経団連は、原発で大儲けしてきたが、事故後も、再稼働をすすめるのに必死だ。銀行は、東電や関電の融資の条件に、再稼働を求めた。原発メーカーの日立など3社は、原発輸出をすすめる。経団連に、福島事故を起こした責任を追及するときです。毎週水曜日、18:30〜19:30、プラカードなどを持ち込み、市民の声を伝えませんか

加藤周一さんのドキュメンタリー映画 「しかし それだけではない~加藤周一 幽霊と語る~」が完成

メール配信された内容を以下に紹介します。

各地の九条の会のみなさまへ

「九条の会」呼びかけ人の加藤周一さんのドキュメンタリー映画
「しかし それだけではない~加藤周一 幽霊と語る~」が完成しました。
スタッフが全員ボランティアで最後の3年間の言葉を撮りました。

「幽霊は意見を変えない。その変わらぬ意見からこの世界を批評する」九条の会での発言、戦死した親友、早世した源実朝、反戦を貫き通した渡辺一夫、「地には平和を」とラテン語をベンチに刻んで立ち去った未知の人など、加藤さんの「精神の対話」を記録しました。

スタジオジブリの協力で、2月27日から2週間、渋谷のシネマ・アンジェリカで上映することになりました。
ぜひご覧下さい。

各地の九条の会、大学などで自主上映ができるよう準備しています。
自主上映を希望するグループには、DVDをレンタルします。
貸出料金は30人以下は3万円、それ以上は5万円を予定しています。(上映時の入場料の設定は自由です)
web@eizoudocument.com までメールでお申込みください。

加藤周一映画製作実行委員会 桜井均(九条を記録する会 / 映像ドキュメント.com)

映画 「しかし それだけではない~加藤周一 幽霊と語る~」が完成

以下のメールを受信しましたので、紹介します。

——————————–
各地の九条の会のみなさまへ

「九条の会」呼びかけ人の加藤周一さんのドキュメンタリー映画「しかし それだけではない~加藤周一 幽霊と語る~」が完成しました。スタッフが全員ボランティアで最後の3年間の言葉を撮りました。

「幽霊は意見を変えない。その変わらぬ意見からこの世界を批評する」九条の会での発言、戦死した親友、早世した源実朝、反戦を貫き通した渡辺一夫、「地には平和を」とラテン語をベンチに刻んで立ち去った未知の人など、加藤さんの「精神の対話」を記録しました。

スタジオジブリの協力(http://www.ghibli.jp/kato/)で、2月27日から2週間、
渋谷のシネマ・アンジェリカ(http://www.gojyu.com/)で上映することになりました。ぜひご覧下さい。

各地の九条の会、大学などで自主上映ができるよう準備しています。自主上映を希望するグループには、DVDをレンタルします。貸出料金は30人以下は3万円、それ以上は5万円を予定しています。(上映時の入場料の設定は自由です)
web@eizoudocument.com までメールでお申込みください。

「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」のビデオ・DVDが完成しました

「九条の会」サイトに案内がありましたので、転載します。

「九条の会講演会―加藤周一さんの志を受けついで」のビデオ・DVDが完成しました

マスメディアでも紹介され、全国から参加者を迎えて開かれた上記講演会の記録です。2009年6月2日、東京・日比谷公会堂に満ち溢れた講演会の感動を味わってください。

  • 講演:井上ひさし 大江健三郎
  • あいさつ:加藤周一さんのパートナー 矢島翠さん
  • うた『さくら横ちょう』 ソプラノ大橋ゆり・ピアノ村上弦一郎
  • 講演:奥平康弘 澤地久枝

2008年12月5日に亡くなられた加藤周一さんの考え・思いを振り返り、引き継ぐ道をさぐる講演会は、参加者に感銘とあらたな決意をもたらしました。各講演はそれぞれ独立していますから、何回かの連続学習会や集いにわけて視聴することも可能です。

また、うた『さくら横ちょう』は、加藤さんの詩に別宮貞雄さんが曲をつけたもの。他の幾篇かの詩とともに『さくら横ちょう』が収められた『加藤周一著作集 ⑬』のあとがきで、加藤さんは「・・・別宮氏の歌曲の傑作の一つだろうと思う。素晴らしい音楽によって、平凡な歌詞も生きたのである」と述べている、美しい歌曲です。

  • ※ビデオ・DVD 時間/101分 定価/1500円(税込)・送料別途
  • ご注文は「九条の会事務局」まで、なるべくFAX(03-3221―5076)か
  • メールmail@9jounokai.jp でお願いします。
  • 掲載URL:http://www.9-jo.jp/index.html

9月9日(水)9時09分

戦争をしないための選択・9条を考える道南の会から「今年も全国一斉「9条を世界に!」行動を!  9月9日(水)9時09分」として、コメントがありました。

せっかくの呼びかけですので、こちらにサイトへのリンクをUPしました。

>> 今年も全国一斉「9条を世界に!」行動を! 9月9日(水)9時09分

このサイトのヘッダーイメージ募集

調整ついでにと思い、ヘッダーイメージを募集します。

keep9header

サイズ、周囲の主な色などを上の画像に書き加えていますので参考になさってください。

ご自身のサイトに候補作をUPし、トラバかコメント、または、temp@our.sakura.ne.jp まで添付送信ください。

なお、募集期間、選抜方法などは適宜、というあいまいな方法にてお許しのほど。「賞品」などはありません。悪しからず。

続きを読む このサイトのヘッダーイメージ募集

「九条の会」全国交流集会 申込締切迫る

「九条の会」ニュース第116号(10月17日付)は、第3回「九条の会」全国交流集会の申し込みが迫っていることを伝えています。開催日は11月24日で、締切は11月14日となっています。

第3回「九条の会」全国交流集会

◇日時 11 月24日(月・休日)
◇会場 東京千代田区・日本教育会館
全国交流集会参加申込みはお早めに
11 月14日の締切厳守を

101-0065 東京都千代田区
西神田2-5-7神田中央ビル303
TEL 03-3221-5075
FAX 03-3221-5076

詳しい情報はこちらからどうぞ >> 「九条の会」ニュース第116号(10月17日付)